ティアラハウス イメージ

ティアラハウスの5つの特徴

耐震設計

耐震設計

木造住宅は地震に弱いと言われますが、しっかりとした地盤にきちんとした方法で木を組み込んだ木造住宅はかなり強い地震でも倒れにくいのです。ティアラハウスは、全棟安心して永く住んでいただくため「構造計算」により、耐震性・耐久性・安全性を確保し、木造の本当の強さを実現しております。

天然無垢材について

天然無垢材について

住む人の心を、深いやすらぎと快さでつつむ天然無垢材。自然が生み出したこの素晴らしい木の可能性や、木のもつ豊かさ、美しさを生かした住まいづくり。それは、家族のライフスタイルにふさわしい、快適で心豊かな暮らしの提案ともいえるでしょう。ティアラハウスは、自然体で暮らす「癒しの住まい」をご提案します。

無垢材のメリット
  • 結露が生じにくい
  • ホルムアルデヒドが発生しない(シックハウス)
  • シロアリが住めない
  • 家屋の寿命が長い など、メリットが多い。

設計士とつくるオンリーワンの家づくり

設計士とつくるオンリーワンの家づくり

「リゾートのような楽しい家」「家族の一体感を考えた住宅設計・住宅建築」「子供の五感を育む家」そんな住まいづくりを実現するのが、ティアラハウスの設計手法です。家族の暮らしの基本となる家を、自然素材であふれた健康的な住まい、心地よい風やひだまりを実感しながら家族と触れあう大空間の配置、子供たちがのびのびと心も身体も元気に感受性豊かに成長できるように、あなたのライフスタイルをデザインします。
お客様の願い、建築家の情熱、職人の技能をとことん引き出し、オンリーワンの家づくりを目指します。家を手に入れたことの満足よりも、住んでからの満足を永続的に味わっていただきたいと考えています。

あなたはどちらを選びますか。

自然素材+最新技術で実現した、冬暖かく夏涼しい設計

夏涼しく、冬暖かい。高気密高断熱+パッシブの家
冬暖かく夏涼しい設計

ティアラハウスの基本性能は、気密性能においては、次世代省エネ基準の定めるC値(隙間相当面積)が5.0㎠/㎡以下を、大きく上回る0.74㎠/㎡、の数値を確保し全棟検査を実施ています。
断熱性能においては、Q値(熱損失係)に変わる、H25年新基準のUA値(外皮平均熱貫流率)は、関東地域基準0.87(W/㎥.K)を大きく上回り、もっとも厳しい北海道値域基準の0.46(W/㎥.K)を上回る0.43(W/㎥.K)を実現しています。
夏の涼しさにおいてもH25年新基準のηA値(冷房期の日射取得率の基準値)も最も厳しい値域の2.7の基準値を上回る2.6を達成しています。 ティアラハウスの家は隙間風を感じず、断熱性と全体のバランスを考慮した高気密・省エネ住宅をお約束いたします。

品質管理

品質管理

住まいが完成するまでには、数多くの人との関わり合いや知識・経験・技術が存在します。住まいを「カタチづくる」までには、ひとつひとつの仕事を高いクオリティーで完結させなければなりません。その為には、レベルの高い品質管理が求められます。ティアラハウスは、職人たちとひとつの"プロジェクトチーム"となり、一棟一棟丹精こめて創りあげていきます。その中で、常に施工マニュアルをより良いものにしていくのです。これでもか、これでもかと、日々進化していくからこそ基本性能やクオリティーを向上させる事が出来るのです。

ティアラハウス
〒818-0124 福岡県太宰府市梅香苑4丁目16-37
お電話でのお問い合わせはこちら
092-985-8770受付時間:7:30~18:30
定休日 :日曜日
資料請求・お問い合わせ
PAGE TOP